生まれたての赤ちゃんはママのホルモンが引き継がれていて皮脂の分泌が増えます。

しかし、生後3,4か月を過ぎるとその影響はなくなっていき、今度は乾燥肌になってしまいます。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、乾燥肌を放っておくといろんな肌トラブルを抱えてしまいますから適切にスキンケアをしてあげてください。

肌ケア

乾燥肌から起こる乾燥性湿疹とは

生後3ヶ月を過ぎるとこれまで母親のホルモンの影響で皮脂が多くなっていましたが、その影響がなくなっていきます。

するとデリケートな赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなり、しかも大人のようにバリア機能が正常に機能しないので肌トラブルを起こしやすい状態になります。

とくに乾燥しやすい季節である秋から冬にかけては、常に乾燥しているかどうかに目を配っておきましょう。

とくに注意してみておきたい箇所は、顔のまわり、首、背中や太もも、衣服のゴムなどが当たる部分(袖口や腰など)です。

季節で言うと冬が乾燥しやすいですが、夏場に汗疹を発症していた場合は、秋口に乾燥トラブルを併発した場合に炎症や肌荒れがひどくなったりすることがあるので季節の変わり目は要注意です。

赤ちゃんの肌にはとにかく保湿

保湿

乾燥肌にもっとも有効なケアは保湿です。これは女性ならその重要性は身をもって体感していると思います。

赤ちゃんの保湿では、まずお風呂でしっかりと皮脂や汚れを洗い落とし、お風呂をあがったら、ベビーローションなどでしっかりと保湿をしてあげます。

ポイントは肌の水滴を全部拭き取らずに、多少濡れたままローションを塗るのがポイントで、肌に残った水分をミルクローションがフタの役割をしてくれます。

お風呂以外のケアでは、食べこぼしを拭いた後、汗をぬぐったあとなど、タオルやティッシュで皮膚をこすると乾燥がすすむので、その個所にローションを塗って保湿してください。こまめにやることが大切です。

乾燥を防ぐことはその後のアトピーにならないということに影響するのでしっかりケアしたいところです。



乾燥防止にアロベビーミルクローション